見える耐震診断

貴方の片腕を水平真横に出してどのくらい間辛抱出来る?

疲れたらその手を下ろす事になるでしょう。

家も同じ様な事が起きます。

いつか重さに疲れて来ます。

疲れた家は「撓んだり歪んだり」する事になります。

その重さに見合う支えが必要に為って来ます。

昔から、

その様なことを

家を建てる職人さんは徒弟制度の中で伝統と経験を積んで来ました。

しかし、近年では大工と云う職業に就く人が少なく技術伝承が難しくなってまいりましたが、

そのような不安の解消を、コンピューター解析で直下率を表示して、今日までの経験と合わせていっそうの安心を お施主様に提供します。

間取りと構造の関係を見える化しました。

「お客様と一緒に間取り作成と同時に素早く確認する」ことで、ご安心を頂いております。

バランスの良い住宅は安定して地震に強いのですo(^-^)o